中国に伝わる「かっさ」は、2千年以上前、
かの西太后も愛用していたといわれる歴史ある民間療法です 。
現在では 中国で医師免許を取得する際のカリキュラムにも
「かっさ療法」が含まれているそうです。


かっさ は漢字で

「刮 痧」 と書きます。
中国読みでは グアシャと読みます

「刮」は削る、「痧」は瘀血オケツ(血液の毒、滞っている血液) をあらわします。



かっさ板(専用のプレート)でを身体をこすり、滞った血液の毒を押し出すことで
経絡の流れをスムーズにし、溜まった老廃物を排出し体調を整えていきます。
身体の不要な毒を取り除いていく、東洋医学的デトックス法です。

気・血・水

人間の体には「気」が流れています


気=経絡といい、経絡はツボとツボを結ぶ道です。

 

かっさは経絡に沿って、かっさ板で擦り流し体内に溜まった

瘀血を押し出し「気」の流れをよくします 。

気の流れがスムーズになると血行・リンパの流れもよくなります。 

 

「気」の巡りが悪いと・・・疲れやすい・たるみ・うつ

 

「血」の巡りが悪いと・・・肩こり・頭痛

 

「水」の巡りが悪いと・・・冷え・むくみ・めまい   などの不調の原因となります。

 
ウェンディで行うかっさフェイシャルトリートメントはあくまでも
「美容目的」ですので

強い力でこするという行為は控えております。
お肌に負担のかからないように やさしいタッチなので、
痕は残りませんのでご安心ください。
力加減は都度確認させていただきます。

・皮膚のはり、つや、目元をぱっちりさせたい
・化粧のリをよくしたい、むくみを解消したい などにおススメです。
 即効性がありますが、それを継続することで、 
 さらに美白効果、血行促進し栄養吸収をUP、しみ、くすみの軽減が
 期待できます。

かっさ
こちらが、wendyで使用するかっさ板(プレート)です。
磁器に釉薬を塗り、特殊なパウダーは配合することで
マイナスイオンや遠赤外線が発生します。

天然ビタミンE配合オイル(複数の精油入り)塗布後に
かっさを使用していきます。